インデックスThink difficult. → 大いなる… Ver.1: 2000.04.28
Ver.1.2: 2003.11.03
17754

大いなる罰はその箱の中に

『遥か昔、この世の果てで光と陰が混じりあっていた頃
人類の全ての罰は、その箱の中に納められた』

  全く誰だ、こんな変な箱を考えついたのは? 門様か? おぬし、気は確かか? この罰の箱、某所でアンケート取ってたが90%以上が「失敗する」に投票してたような気が。 あの微軟も見くびられたもんだねえ。窓達弐千なら失敗すると思う人は90%もいないだろうに。

  それにしても門様は人民に罰を背負わせるのがお好きなようだ。 直接罰を与えたり(DirectX)、いかなる活動にも積極的に罰を与えたり(ActiveX)、 そもそも微軟そのものが罰だったり(MSX、懐かしいなあ)、 何でも罰つければいいと思っているとは、門様は「罰の一つ覚え」なのか。

  まあ、文句だけいうのは簡単なのでもうちっと具体的に見ていこう。 罰箱について現在伝えられている特徴は以下の通り。

というような特徴をみているだけではピンと来ないが、 罰箱(とそれ以前に微軟会社そのものに)問題点が山積している気がするのである。 で、我輩としては、下にあげた問題点は特に大事だと思うわけである。

  というような、頭の痛い問題がいろいろ転がってるのである。 裁判にも飽きてCEOをやめてしまった門様の最後のご乱心か、という気もするが、 これを成功させれば裁判ではどうなってもいいかという感じもする。 だいたい門様が優れているのは強権的な経営手法であってソフトウェアアーキテクトとしてではないのだが、 10代の頃のつもりでまだソフトウェア開発を仕切っていくつもりらしい。

   罰箱。やっぱり、わしゃーこんなもん売れんと思うがのー。

おまけ情報

 ところで、ここしばらくTDの更新が遅いのは、新しく本を書いてるからである。 ゴールデンな週が最後の追い込みなのだが、マシンの都合もあり間に合わない感じである。 ちなみに今度のは微軟とは関係ないのだが(出版社が違うし)、 終わったらお知らせしますのでよろしく。 っていうか、これを伝えたいがために罰箱ネタで一つ書いた、って方が正しい。

mail address

Think difficult.インデックス