« 2005年11月 | メイン | 2006年03月 »

ランチタイムに

2006年01月29日

ここ何年か、コンピュータと同じくらいに、経済学について興味を持っている。 で、それなりの数の本を読んでいるのであるが、その中でもいろいろな視点を教えてくれるという意味では、 次の本が面白い。

もくじからも、面白そうなテーマがあるのがわかる。

  • シート・ベルトの強制で死者は本当に減るのか?
  • 必ず売り切れるチケットを値上げしないのはなぜか?
  • アイオワで自動車を栽培する 〜国際貿易が必要な理由〜
ちなみに原題は"The Armchair Economist"で、ランチタイムというよりはティータイムに近いニュアンスだろう。

さらにちなみに、この日経ビジネス人文庫、我輩も執筆を誘われたことがある。 そのときには「経済はまだ勉強不足で…」と判断を保留したが、今から数年後なら書けるかもしれない。

さらにさらに、この日経ビジネス人文庫は、創刊5周年らしいのだが、その緑色のオビのイラストが、 あなコンのイラストレータ、タラジロウ氏なのである (オビにイラストレータ名は書いてないが、一見してすぐわかる)。

ラストスパート: 878/10718

どんな状況?

2006年01月20日

ときどき通る道に、

  • 「貸し布団」

という看板がある。

が、いったい、布団を借りるというのは、どういう状況なのだろうか。

  • 友人やら知人やら、とにかくたくさん人が泊まりにきたときなのか?
  • 布団をクリーニングに出したときか(車検のときの代車の布団版か)?
  • 超高級な布団をその日だけレンタルしろということか?
  • あるいは、レンタルに見せつけて、実際にはそのまま買わせてしまうのか?
  • またまたあるいは、単にその家に布団が有り余って困っているのか?

うーむ、謎である。

Textpattern

2006年01月12日

wikiを有効に活用している我輩であるが、最近こんなものを紹介された。

CMS(Contents Management System)の一種であるが、

  • Movable Typeなどと違い、なるべく動的生成になっている(再構築なんぞする必要がない)
  • wikiと違い、URLにスクリプトらしさが見えない(.cgiや.phpなどが外に見えない)

などという利点がある。 しばらく使ってみて、なかなかに便利であることがわかった。

気に入らなければ、その場にPHPを直に書いてしまえばいい、という割り切りも潔い。

まだ日本語で書かれた情報が少ないのと、そもそもTextpattern自体に日本語の扱いが頼りない、という問題があるが、 ちょっと使ってみようという気にさせるソフトウェアである。

追記

ここに情報がまとめてあった。