« 2005年10月 | メイン | 2006年01月 »

ほぼ

2005年11月17日

ちなみに、次回作はこんな感じである。 emacsのoutlineモードである。章や節の見出しが色づけされている。

contents.gif

ムダな努力

2005年11月08日

前にも書いたが、今日もまた、仕事中に勧誘電話がかかってきた。 FJネクストという会社からである。 「老後や年金対策として、マンションを買え」という、有名なあれである。 ネットで探せば、わんさと悪評が出てくる、あれである。 我輩も、少なくとも10回は断っているぞ。 同僚にもかかってきていると聞いた。

だいたい、見ず知らずの人たちに、本当の儲け話を教えるアホがどこにいるのだろうか。 本当に儲かるなら、人知れず自分だけでやってればいいのである。 勧誘している時点で、それは儲からない証拠である。

そう思っているので、毎回

  • 「そんなに儲かるなら、ご自分でやれば幸せですね」 ガチャ。
  • 「私に100万回電話してもダメですよ」 ガチャ。
  • 「またネットに文句を書いときますね」 ガチャ。

という決め台詞とともに、20秒未満でとっとと会話を終わらせていることにしている。 我輩はヒマではないのだ。

前に書いたのも11月だったから、 11月は某社がこの職業に集中アプローチする月なのか?

ヘッドライト切れの応急処置

2005年11月06日

先日、運転の途中で、車のヘッドライトが切れてしまった(もちろん、夜である)。対策としては

  • がんばって、車幅灯だけで走る(危険すぎ、整備義務違反か?)
  • がんばって、車をおいて歩いて帰る(遠すぎ)

があるが、すでにがむばる体力もなかったので、がんばらないことにした。 そこで

  • どうにか応急処置をして走り、近くのカー用品屋にたどりつく

ということを考えた。コンビニでガムテープを買い、ヘッドライトをハイビームにする(ハイビームの球は切れていなかった)。 その状態のまま、ライトの上半分をガムテープで隠すように貼る。1枚では薄いので、何重にか重ねる。 この状態であれば、対向車にもまぶしくなく、なんとか運転可能な明るさを確保できる。

ちなみに、これはどこかの本で読んだ応急処置の方法である。

そのまま、15分ほど走るとイエローハットがあったので、無事交換したのであった。

めでたしめでたし。

ということで、ガムテープは便利である。

妙に充実

2005年11月05日

先日、ふとしたことから次のページを見つけた。

我輩は宗教に特に興味はないのだが、このページ、なんだか内容充実なのである。 たとえば

  • 和尚がブログを書いていたり
  • クロスワードのPDFファイルがあったり
  • 写経のお手本PDFがあったり
  • 精進料理レシピがあったり
  • イラストが妙に多数パターンあったり
  • お寺の近くのオリエンテーリング用地図があったり

という具合いである。

うーむ。したたかな宗教法人であることよ。