逆効果の営業

2004.11.11 12:51

電話で営業をするというのは、99%の確率で逆効果なのではないだろうか。

我輩とのころには仕事中によくエフ・ジェー・ネクスト という会社から

「都内の投資用マンションのご案内を…」
と電話がかかってくる。 まったく、仕事の邪魔である。もう10回近くかかってきたのではないだろうか。

この手の営業電話は、繰り返せば繰り返すほど、悪印象だということに気がつかないのだろうか。 ここの社長は

「企業も反射神経だと思う。」
などとぬかしているが、その前に脳みそと人に嫌われないだけの常識を持ってもらいたいものである。

だいたい、マンション投資がそんなに儲かるなら、人に言わずに自分でこっそりやってればいいのである。 それをわざわざ、赤の他人である我輩に電話をかけて誘い込むということは、 自分でやっても儲からない証拠ではないか。アホめ。

だいたい、向こうから「これを買え」「話を聞け」と寄ってくる奴は、まず無視する事に限る。 そういう「プッシュ型情報」はS/Nが極端に悪い。-60dBくらいであろう。

新聞のチラシが良い例だ。チラシの中で自分に必要な情報がどれだけあるか。 1/1000、あるいは1/10000くらいだろう。たいていのチラシは、見てそれで終わりであり、行動には結びつかない。