あなコン/イラスト

タラジロウ氏によるイラストの魅力

 本書の特徴(いや、特長でしょうか)の1つに、 イラストレータのタラジロウ氏による味のある多数の挿し絵があります。 立ち読みで中身を確認できない方のために、 技術評論社とタラジロウ氏の了解のもと、 ここにいくつかをご紹介いたします。 左が私の下絵、右側が氏のイラストです。 どれも見事なまでにイメージが視覚化されています。

  • 実際の書籍からではなく、校正用の原稿から取り込んだので、ちょっと解像度が低くなっていますが、 雰囲気は十分に伝わるでしょう。

「へへへとむむむ」(P45)

下絵イラスト
he_mu.jpg
(絵になってない……)
he_mu2.jpg

「永遠にルーレットを回し続ける神様」(P129)

下絵イラスト
forever.jpgforever2.jpg

「動き回るお坊っちゃまと爺や」(P177)

下絵イラスト
jiya.jpgjiya2.jpg

「多すぎるのは、1つもないのと同じ」(P220)

下絵イラスト
too_much.jpgtoo_much2.jpg



  • うーむ、ページ数が進むに連れて、私の下絵も下手なりに上達の兆しが……。 200枚も描けば当然かも。
  • なお、イラストの著作権はタラジロウ氏にあります。 どうでもいいような下絵の著作権はいちおう私にあることになってますが、実際どうでもいいです。