Macintoshの歴史

2004-10-27 06:45:28 (5935d)

今日はこの本を紹介しよう。 書店では、下半分に赤いオビがかけてあるので、右の写真とはちょっと違う印象である。

ハードカバーだし2800円+税とちょっと高めである。

中身の方は、製品の写真などはまあふつうである。 我輩の愛する6100の写真は、 スリムさのちっともわからない、イマイチの構図であったが。

で、写真より面白いのは、当時の開発者のインタビューである。 QuickDrawを作ったジェフ・ラスキン(Jef Raskin)が、自身の修士論文で既に1967年に"QuickDraw"という名前を考えていたり、 Lisaは最初は文字ベースで計画されていた、などという話が出てくる。

とりあえず、Appleが潰れそうという話が遠のいた今、一呼吸おいてMacintoshのたどってきた道を辿りなおすのに最適の一冊だろう。

ちなみに、当たり前の話であるが、我輩がここで紹介する本は全て、買って読んだ上での感想を書いている。