3日かよ!

2005-03-30 11:35:34 (5778d)

進研ゼミのTV CMによると、 こんどは「FAX先生」なるものが登場したようである。

ページから引用すると

中一講座、中二講座では、4月1日10:00より、「赤ペン先生の問題」がFAXで提出できるようになります。FAXの場合、3日以内※に答案を返送できるようになります。

となる。 CM中でも「FAXを使うと3日で戻る!」と文字が出ている。

これは、最初は誤植だと思った。せいぜい3時間だろうと思ったのである。 FAXを使って3日って、いったい、太陽系外から通信してるのか? それじゃ郵送と変わらんだろうが(実際には郵送は2週間かかるらしいが)。

「このスピードがやる気の決め手」としゃべってるセリフが恥ずかしくないのだろうか。 質問して、相手からの反応が3分後でも3時間後でもなく、3日後だぞ。やる気がなくなること確実だ。 勉強ってのは、わからないと思っているときが一番知りたいときなのである。 3分だって待てないものだぞ。それを3日なんて。せめて当日中に返送すればいいのに。

その会社の今までの基準からしたら早いのかもしれないが、 それが世の中の基準からずれてるのである。 そのズレが、FAX対応になったとたんに見えてきて、それをお金を払って全国に知らせているのである。 FAX受信専用の赤ペン先生をどこかの会場にずらっと並べておいて、そいつらに採点させればいいではないか。 ちなみに、我輩が家庭教師をしてたときは、FAXで届いた答案と質問は、その日のうちに返してたぞ。

通信教育(遠隔教育)という分野も、まだまだビジネスチャンスはありそうだな。