本の印税率

2004-11-26 11:31:11 (5905d)

本を書くと、たいてい10%の印税率である。

本の価格を100とすると、その内訳は大まかにいって以下のような感じである。

割合(%)項目
10著者
10〜15>印刷・製本費用
45〜50出版社(企画、編集、営業)
10取り次ぎ(書籍の問屋みたいなもの、寡占状態にある)
20書店

まあこれはだいたいの数字なので、5%くらいのズレはよくある話である。

これを見つめていると

  • 10%の印税で10000部を売る
  • 100%の印税で1000部を売る

のは、著者にとって同じ利益になると分かる。

出版社の編集者は、いつもいろいろ貴重なアドバイスをして下さるのでありがたいのだが、 コラムっぽいものなど、特にそのような助けがなくても執筆できる内容のものもある。

また、以前ある出版社から

「全てを思い通りにしたいなら、自費出版を勧める」

といわれたこともあり、ぜひ全部を自分の手でまとめた本も作ってみたいのである。

この際だから、書店は無視して、全部をネットを通じてダイレクト販売、というのでもいい気がする。 それなら、ニッチなテーマで数十部から数百部ってのもありだな。 ご意見をぜひこちらへお願いします。