吉野家離陸せず

2004-11-13 09:34:22 (5915d)

吉野家が不調のようである。

今日の夕方、吉野家の前を通りかかったらガラガラであった。 大通りに面した店舗で、土曜の午後6時だというのに、一人も客がいないというのはどうしたことだろうか。 結構「危ない」と思うのは我輩だけではあるまい。

米国産にこだわるのを辞めるか、一杯1000円でもいいからふつうの牛丼を復活させればいいだろうに。 どうしても食いたい奴はそれでも食うだろう。

このままでは、ゆっくりだが確実に死に近づいているぞ。

生命の進化の歴史をみると、特定の機能をもったり、特別な環境に適応しすぎた種は、 変化期にそれが仇となって絶滅する事が多い。 吉野家も、牛丼だけに最適化したばっかりに、逃げ道がなくなっているのだろう。

最適化は、変化へのもろさと裏表である。