鋭いツッコミが人気?

2004-10-17 05:35:43 (5942d)

IT Mediaというサイトに時々載る 小寺氏のコラムには、 いつも最後にプロフィールがこう記されている。

小寺信良氏は映像系エンジニア/アナリスト。 テレビ番組の編集者としてバラエティ、報道、コマーシャルなどを手がけたのち、CGアーティストとして独立。 そのユニークな文章と鋭いツッコミが人気を博し、さまざまな媒体で執筆活動を行っている。

我輩にも経験があるが、こういう紹介文はたいてい本人が書いているものである。 他人が紹介しているフリをしながら、本人が書いているものも多い。 なぜなら、基本的に作家やライターは自己主張が強い者だからである。 他人が書いた自分についての紹介文に満足する確率はとても低いのだ。

この小寺氏の紹介文を誰が書いたのかは知らんが、氏の文章は特に鋭くもユニークでもない気がするので、ぜひ

  • いったい、どのへんがユニークで、どこに鋭いツッコミがあるのか

を、もう少しわかりやすく紹介してほしいもんである。