安い液晶が「でる」

2004-11-09 05:14:05 (5919d)

我輩が以前より目をつけていた液晶ディスプレイがさらに安くなったようである。

我輩の狙ってるのは、ワイドな新機種ではなく、UltraSharp 2001FP HASという方である。 20インチ、1600×1200ピクセルで税込み10万を切ってしまった。安すぎ。

作業効率に利用可能な机の面積が大きく影響するのはよく知られているが、 実際には画面サイズはそれ以上に影響する。

もう7年くらい前から机上機でも液晶にしている我輩であるが、10万でUXGAの液晶画面を拝めるようになったとは、いい時代になったものである。国際仕事機械の帳面型が

「8色カラーで80万」

と言っていた時代(サイズはもちろん640×480) も、それほど昔ではないのに。

現代の人々は、それだけ、昔より良いものを生み出す必要がある。 どうでもいいページばっかり見て時間をつぶしていてはいけない。自ら、何かを生み出すのだ!