ちゃんと名で体を表せ

2004-12-04 01:05:10 (5897d)

本のタイトルを確定させる段階に来たせいか、モノの名前に敏感になっている今日この頃である。

で、気になったのが以下の記事である。

この記事は、どう見てもタイトルの付け方を間違っている。 アップルについて言及されるのは、たった1段落だけ、それの2文だけである。 しかも、この程度で「類似」というなら、世の中のすべての会社は類似しているだろう。

社長のことばをごくふつうに引用して

「求められているのは発想の転換 〜 日本SGI社長インタビュー」

とでもすれば、「名が体を表す」状態になったのに。

無理に人目を引こうとして、記事のごく一部分だけを取り出して強調するから肩すかしのタイトルになるのである。 記事を書いた人もちゃんと自覚していたのだろう。その証拠に、記事その1の最後に

次ページでは、アップルコンピュータと日本SGIの類似点について和泉氏が語る。

と、後半でその話題がようやく出てくることを明示している(それでもたった1段落だけなのだが)。

まったく、タイトルは「名が体を表す」ように、しっかり考えてつけてもらいたいもんである。 読むだけ時間の無駄だった、と言われないようにな。